自家製叉焼


先月の話ですが、淡路島の洲本に行った際、
「たねさん~釜焼きチャーシューと中国茶~」で食べたチャーシューがあまりにおいしかったので、
以降、何とか我が家で再現できないものかといろいろと試行錯誤しておりました。
しかし、味がいまいち乗らなかったり、焼きが甘かったり逆に焼き過ぎて肉がパサパサになったりと、
なかなか上手くいかなかったのですが、昨日ようやく納得の出来るチャーシューに仕上がりました。

「たねさん」は豚バラブロックを使っているような気がしましたが、
チャーシューは、やはり肩ロースがおいしいだろうという事で私は肩ロースを使いました。
醤油・砂糖・オイスターソース・芝麻醤・焼酎・ニンニク・ショウガの搾り汁その他もろもろに肉を漬け込みます。


☝ 肉を漬け込み、揉み揉みした図

4~5時間漬け込んだら網にのせて漬け汁を切り、強火のグリルで7分間一気に焼き上げます。
仕上げに水あめと蜂蜜をブレンドしたものを肉に塗り、もう2分程焼きます。
そのままグリルの中で余熱で火を通し完成です。


☝ 「さあ、食べるぞ!」の図

せっかくなので厚めに切って食べましたが、ジューシーでとってもおいしくできました。
「五香粉」が香りの決め手です。
これで毎日の晩酌…、いや晩カルダスもすすむというものです。