「海の幸和風仕立て」


「たらこスパゲティ」「明太子スパゲティ」( あえてスパゲティと呼ぶ ) に代表される和風パスタは、
東京渋谷に本店があるスパゲティ専門店「壁の穴」が発祥の地と言われています。

実は私、若い頃「壁の穴」で働いていまして…過去ログ参照

「壁の穴」というと変わったネーミングですが、これはシェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」の1シーンに出てくる言葉
「ホール・イン・ザ・ウォール」に由来しています。
若い男女が許されない恋に陥り、壁に開いた穴越しにしか愛の言葉を交わせない、心の内を話せない…。
そのシーンに感動した創業者が、
「都会の生活に疲れたら、ここにおいでね。何でも話してね。私たちはいつでもお客様の壁の穴になりますよ。」と、
『ホール・イン・ザ・ウォール=壁の穴』と命名したと先輩に教えられました。

仕事の内容は変わっても、このスタンスで乳製品販売業を続けていきたいと思っています。

で、話は変わるのですが、せっかく覚えたレシピは作らないといつかは忘却の彼方です。
という事で、今日の昼ごはんに作ったのが「海の幸和風仕立て」もちろん「壁の穴」バージョンです。



エビ・イカ・ホタテ・ワカメ・アサリが入っていて、確か1050円だったと記憶しています。
消費税がギリギリなかった時代ですが、当時はバブルの真っただ中とはいえ今考えると高いですよね~。

「海の幸和風仕立て」を食べ、青春時代に帰るとともに腹がいっぱいになった後藤でした。
では「水戸黄門」が始まるので、この辺で失礼致します。